さい帯血の移植について

白血病等の血液難病や先天性免疫不全症などの造血幹細胞移植治療には、さい帯血移植の他に骨髄移植、末梢血幹細胞移植と3つの方法がありますが、いずれの方法が良いかは主治医とよくご相談ください。主治医がさい帯血移植を選択された場合は、主治医から造血幹細胞移植情報サービスのホームページを通して「さい帯血バンク」にさい帯血の提供の申し込みがあります。

●これまでに移植に使われたさい帯血の数などのデータはこちら
 →データで見るさい帯血 >>
 
 

現在さい帯血移植が受けられる病院は、 「造血幹細胞移植情報サービス」のホームページの「移植病院を探す」から検索できます。

移植病院を探す(造血幹細胞移植情報サービス) >>

 
 
現在作成中につきしばらくお待ちください。
 
 
 
このページの先頭へ